マキタは、業界初のブラシレスモーターを搭載し、従来機種と比較して耐久性を2倍以上に高めた充電式クリーナーの最上位モデル「CL280FD」「CL281FD」「CL282FD」を発売した。

圧倒的な吸引力・耐久性をもつ新製品
(左から、CL280FD、CL281FD、CL282FD)

 「CL280FD」「CL281FD」はカプセル式、「CL282FD」は紙パック式。3機種共通の特徴として、高効率なブラシレスモーターの搭載と内部機構の見直しによって、吸込み仕事率を高め、強力吸引を可能にした。また、低騒音・低振動化を図った。

 電源は、18V スライド式リチウムイオンバッテリを採用。バッテリー・充電器に加え、細かなゴミを遠心分離し、ゴミ捨てをより簡単にするサイクロンアタッチメントをセットにいたモデルも用意する。さらに、別売でHEPAフィルタなど、クリーンな排気を実現させるアクセサリーを取り揃える。

 「CL280FD」は、「スライド+トリガースイッチ」を備え、こまめにオン/オフしたい時はトリガースイッチ、連続運転したいときはスライドスイッチと使い分けられる。連続使用時間は約20分。税別価格は、本体のみは1万6000円、バッテリ+充電器付きは4万1900円、バッテリ+充電器+サイクロンアタッチメント付きは4万4900円。

 便利なワンタッチスイッチを採用したカプセル式の「CL281FD」は、本体のみが1万7100円、バッテリ+充電器付属付きは4万3000円、バッテリ+充電器+サイクロンアタッチメント付きは4万6000円。

 ワンタッチスイッチを採用した紙パック式の「CL282FD」は、本体のみが1万77000円、バッテリ+充電器付きは4万3600円、バッテリ+充電器+サイクロンアタッチメント付きは4万6600円。