キヤノンは2月14日、フルサイズミラーレス一眼「EOS RP」を発表した。キヤノンオンラインショップの税別価格はボディ本体が16万500円、RF35 MACRO IS STM レンズキットが21万9500円。限定7000台のマウントアダプターキットが18万500円、RF35 MACRO IS STM マウントアダプターキットが23万9500円。3月中旬に発売する。

価格を約16万円に抑えた小型・軽量のフルサイズミラーレス一眼「EOS RP」

 2018年10月25日に「EOS R」を発売し、フルサイズミラーレス市場に参入したキヤノン。EOS Rは、ボディ本体で税別23万7500円だったが、今回発表したEOS RPは価格を抑えた廉価版というポジション。サイズがコンパクトになり、EOS R比で高さが約13.3mm、幅が約3.3mmの小型化、重さが約140gの軽量化を実現している。

 CMOSセンサーは、有効画素数約2620万画素の35mmフルサイズ。映像エンジンは、DIGIC 8を搭載し、小型ながら高精細な描写を実現している。静止画常用ISOは100~40000、デュアルセンシングISによる最大5段階の手ブレ補正、0.05秒の高速AFなど、EOS Rと共通するスペックも多い。

 動画撮影は4K UHD 23.98fps/25.00fpsに対応。ビットレートは120Mbps。HDMI 4K出力、4Kタイムラプス動画、4Kフレーム切り出しに対応するほか、4K映像をフルHDに圧縮して新規保存することもできる。バリアングル液晶モニターは3.0型でドット数は約104万。電子ビューファインダーは0.39型で236万ドット。

 カラーはブラックのほか、限定5000台でゴールドをラインアップ。キヤノンオンラインショップの税別価格は、ボディ本体+CR付アダプタ+グリップセットが18万9500円、ボディ本体+CR付アダプタ+グリップ+RF35mmセットが24万8500円。
 
限定5000台のゴールドモデル

 ゴールドモデル購入者限定で、応募者全員にキヤノンオリジナル東京2020記念グッズとして「レザーカメラバッグ(ネーム付き)」「レザーストラップ」、抽選で10組20人に「オリンピック観戦チケット」をプレゼントするキャンペーンを実施。また、ゴールドモデルとRF24-105mm F4 L IS USM購入者全員に2万円をキャッシュバックするキャンペーンも実施する。応募期間は発売日から7月16日まで。