セールス・オンデマンドは、商業施設などに向けた業務用の窓掃除ロボットとして「ウインドウメイト WMシリーズ」2機種を2月25日に発売する。窓厚として、5~15mmに対応した「RF-WM1001-S」と16~24mmに対応した「RF-WM1001-D」を用意。税別の販売価格は14万円。

ウインドウメイト WMシリーズ

 ウインドウメイト WMシリーズは、二つのユニットで窓を挟んでボタンを押すだけで、窓サイズの測定から窓掃除まで全て自動で行って一度に両面を掃除することができる。セールス・オンデマンドがウインドウメイトの輸入から販売までを一貫して手掛け、ユーザー登録によって商品の保証期間を1年延長の2年に設定している。

 窓の気密性や断熱性が向上したことで、最近では商業施設や店舗建築の正面部分に大きな窓が多用されている。一方、窓の汚れが目立ちやすく、大きく背の高い窓が多いため、定期的な清掃で従業員の労力や外注コストをかけているのが現状。高い場所にある窓については、危険で清掃できないといった悩みも生じている。このような問題を、ウインドウメイト WMシリーズで解決することができる。