象印マホービンは2月1日に、機能性と使いやすさ、日常生活に溶け込むシンプルなデザイン性を兼ね備えた新シリーズ「STAN.(スタン)シリーズ」として、IH炊飯ジャー「NW-SA10」、電動ポット「CP-CA12」、コーヒーメーカー「EC-XA30」、ホットプレート「EA-FA10」を2月1日に発売する。価格はいずれもオープン。

「STAN.シリーズ」のロゴと、ホットプレートの調理例

 30代の共働き・子育て世代をメインターゲットに、「楽しむ食事」「ラクな家事」に応える多彩な機能や手入れの手軽さ、安全性などを追求した。なお、STAN.シリーズのデザインとクリエイティブディレクションは、TENTとのコラボレーションで行った。

 「NW-SA10」は、強火で炊き続け、うまみを引き出す「豪熱沸とうIH」を採用したIH炊飯ジャー。ごはんのかたさは「ふつう」「やわらかめ」「かため」の3段階から選択可能で、4段階でごはん(おかゆ)のかたさを調整できるので、赤ちゃんの成長に合わせた離乳食が簡単に作れる。
 
NW-SA10

 蒸気口のセットが不要な構造のため、毎回洗う必要のあるパーツは内釜と内ぶたのみ。お米をセットして水を入れると内釜の目盛の色が変化して見やすくなる業界初の「はっきり目盛」に加え、「フラット庫内」「フラットトップパネル」「フラットフレーム(シボ加工)」などを採用し、お手入れの負担を軽減した。炊飯容量は5.5合で、税別の実勢価格は3万3000円前後の見込み。

 「CP-CA12」は、1300Wの「ハイスピード沸とう」で、コーヒーカップ2杯分のお湯を約2分で沸かせる容量1.2Lのマイコン沸とう電動ポット。一度沸騰させたお湯をミルク作りに便利な70度、90度で保温する機能、コーヒーなどをじっくり蒸らせる「ゆっくりカフェドリップ給湯」機能などを備えている。税別の実勢価格は1万5000円前後の見込み。
 
短時間で沸騰し、電気ケトルのように使えるCP-CA12

 「EC-XA30」は、夫婦2人での利用を想定した、約180mLのマグカップ2杯分を淹れられるコンパクトなコーヒーメーカー。水をヒーターで2回加熱し、熱湯と蒸気でコーヒー豆全体を蒸らしてドリップするため、深いコクと豆本来の味わいを自宅で味わえる。税別の実勢価格は1万円前後の見込み。
 
EC-XA30

 「EA-FA10」は、深さ4cmの深型プレートを備え、「焼く」から「煮る」まで、幅広い料理が作れるホットプレート。本体ガードがプレート面よりも高くなっているので、熱くなったプレートに手が触れにくい。プレートには耐久性に優れたチタンセラミックコートを採用しており、丈夫で傷がつきにくく、金属ヘラも使える。
 
EA-FA10

 本体ガードとプレートは丸洗いが可能で、プレート表面は、浅い凹凸のダイヤカットディンプル仕上げ。20種類のメニューを収録したレシピブックや、具材がすくえる樹脂ヘラなどが付属する。税別の実勢価格は1万5000円前後の見込み。

 そのほか1月21日には、利用シーンに応じてコップタイプとしても使える、飲み口を大きく斜めにカットした「スムーズダイレクト飲み口」のステンレスボトル「TUFF(SP-JB型)」を発売する。就学前~小学生の使用を想定しており、年齢による好みの変化に対応する、5種類の新デザインを揃えた。
 
新デザインの「TUFF」。
サビや塩分に強いステンレスボトルで、スポーツドリンクもOKだ

 容量0.62Lの「SP-JB06」は、恐竜をモチーフにしたダイナソーブルー、ハートブルーの2色で、税別価格は7000円。容量0.82Lの「SP-JB08」、容量1.03Lの「SP-JB10」はブラックブルー、ミックスパープル、スターミントの3色で、税別価格は「SP-JB08」は7500円、「SP-JB10」は8000円。