シャープは11月15日、都内で会見を開き、同社スマートフォンのハイエンドモデル「AQUOS R2」から幅64mmにしたコンパクトモデル「AQUOS R2 compact」を発表した。2019年春モデルとして発売する。ディスプレイ上部にインカメラ、下部に指紋センサーを配置したAQUOS初の「ダブルノッチデザイン」を採用した。

シャープ初のダブルノッチを採用した高性能コンパクトスマホ
「AQUOS R2 compact」

 シャープ 通信事業本部の小林繁パーソナル通信事業部長は「スマホの大型化が進む一方、SNSやキャッシュレス決済の導入などスマホのインフラ化も進み、片手で操作したり、ポケットに入れて持ち歩いく機会が増えているので、片手で取り出して操作しやすい高性能なモデルを開発した」と説明する。
 
シャープ 通信事業本部の
小林繁パーソナル通信事業部長

 ディスプレイは約5.2インチのフルHD+(2280×1080)「ハイスピードIGZO液晶ディスプレイ」を搭載。120Hz駆動表示に加え、従来機「AQUOS R compact」の1.6倍の高速応答で、画面スクロール時の残像を抑え、よりなめらかな表示を実現した。

 顔認証と指紋認証の二通りの認証方式により、手袋着用時や手が濡れている際は顔認証、暗い場所では指紋認証と使い分けられる。また、指紋センサーは、「ホーム」や「戻る」、「アプリの切り替え」操作キーとしても使用可能だ。

 アウトカメラには、光学式と電子式のW手ブレ補正に対応した約2260万画素のカメラを搭載。片手で操作しても手ブレを抑え、鮮明で高画質な写真や動画を撮影できる。

 インカメラは約800万画素。CPUは「Qualcomm Snapdragon 845」で、メモリは4GB、ストレージは64GB、バッテリー容量は2500mAhを備える。本体のサイズは、高さ131×幅64×奥行き9.3mm、重さは約135g、OSは「Android 9 Pie」を標準サポートする。

 19年1月にソフトバンクから発売することが決定しているほか、SIMフリーモデルの販売も検討しているという。