シャープは5月8日、東京・浜松町で会見を開き、スマートフォン(スマホ)「AQUOS」シリーズの新製品「AQUOS R2」と「AQUOS sense plus」の2機種を2018年夏モデルとして発売すると発表した。

シャープのスマホ2018年夏モデル「AQUOS R2」(左)と「AQUOS sense plus」

 AQUOS R2は、世界で初めて動画用と静止画用のアウトカメラを二つ搭載し、動画と静止画を同時に撮影できる。動画撮影中にAIが被写体や構図、人物の笑顔の瞬間などを検知、自動で撮影する機能を搭載する。

 画面には、約6.0インチの「ハイスピードIGZO液晶ディスプレイ」を搭載。従来機種「R」の5.3インチからさらに大画面化した。また、スマホとして初めて3次元立体音響システムの「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」と「Dolby Vision(ドルビービジョン)」に対応し、シーンにあわせた迫力のサウンドを楽しめる。

 AQUOS sense plusは、AQUOSとして初のSIMフリー専用モデル。画面は、縦横比18:9の約5.5インチ フルHD+(2160×1080画素)の「IGZO液晶ディスプレイ」を搭載した。

 カメラモードでは、約1640万画素の高精細カメラと高速フォーカスで美しい写真を簡単に撮影できる。さらに、「Qualcom Snapdragon 630」を採用し、独自チューニングを施すことで、快適な操作感を実現した。