光IDを活用した「光スタンプ」、ポイントカードまとめアプリで提供開始

 CCCマーケティングとパナソニックは、パナソニックの光ID技術「LinkRay」を活用した電子スタンプサービス「光スタンプ」を共同開発し、CCCマーケティングが提供する無料のポイントカードまとめアプリ「スマホサイフ」で11月5日から提供を開始した。


 「スマホサイフ」は、“スマホひとつでポイントから決済まで利用できること”をコンセプトにした無料アプリで、財布の中にあるさまざまなポイントカードや電子マネーを一括管理できるほか、クーポンやお得な情報を受け取れる。また、アプリ内のバーコードやQRコード、スタンプカード画面を店舗で提示すると、カードレスで買い物できる。

 事前に、ファミリーマート、ウエルシア、TSUTAYA、マツモトキヨシ、モスバーガーをはじめとする「光スタンプ」導入店舗のカードをアプリに追加し、「スマホサイフ」アプリのカメラを起動して、店舗にある「LinkRay」対応卓上発信機に向かってカメラをかざすだけで、アプリ内にスタンプがたまり、スタンプ数に応じてクーポンなどの特典が付与される。
 
「LinkRay」対応卓上発信機(左)と使用イメージ

 「LinkRay」は、LED光源から送信されるID信号をスマートフォンで受信して情報をすばやく入手できる光ID技術。パナソニックがビジネスの現場で長年培ってきた先進コア技術とB2Bシステム提供ノウハウを活用したIoTサービス「μSockets(ミューソケッツ)」の一つとして提供している。
 
導入店舗のメリット

 小売流通店は、「LinkRay」対応卓上発信機を用意するだけでサービスを導入でき、来店客数やスタンプ発行状況などのログデータを可視化することでCRM活動に役立てられる。

オススメの記事