キヤノンは9月5日、新イメージングシステム「EOS Rシステム」を採用した自社初の35mmフルサイズミラーレス一眼レフカメラ「EOS R」を発表した。10月下旬に発売する。価格はオープンだが、キヤノンオンラインショップでの販売価格はボディ単体が税別23万7500円となる。

キヤノン初のフルサイズミラーレス一眼レフカメラ「EOS R」
 フルサイズミラーレスは長らくソニーのみが製品を展開していたが、先月末にニコンが参入を表明。今回、キヤノンも参入したことで、一気に市場が活性化することになりそうだ。

 市場参入にあたって、キヤノンはカメラの要であるイメージングシステムを刷新。EOS Rシステムは、レンズ設計の自由度を高める内径54mmの大口径マウントやショートバックフォーカス、レンズとカメラボディの新通信マウントシステムが特徴。別売の専用マウントアダプターを装着することで、従来の「EFレンズ」や「EF-Sレンズ」も使用することができる。

 真栄田雅也社長は、「次の30年に向けてイメージングシステムは、さらなる柔軟性と発展性が必要だ」と新イメージングシステムが次世代をにらんだ重要な基盤になることを説明した。
 
「EOS Rシステム」によってもたらされる革新を説明する真栄田雅也社長

 新イメージングシステム採用&フルサイズミラーレスの第1号機であるEOS Rは、有効画素数約3030万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーと最新の映像エンジン「DIGIC 8」を搭載。「RFレンズ」の特性を生かし切るスペックに仕上げた。レンズの収差などを補正するデジタルオプティマイザも備え、連続再生時でも快適な撮影が可能だ。

 撮像と位相差AFの両方を備える「デュアルピクセルCMOS AF」とRFレンズの駆動制御を最適化したことで、AF速度は最速0.05秒を実現。AFエリアは、撮像面の100%(縦)×88%(横)の範囲で、最大565のポジションからピントを合わせたい場所が選べる。

 4K画質に対応する動画撮影では、映像制作機器で実績のあるLogガンマ「Canon Log」を搭載することで、暗部のつぶれや白トビを抑制。また、グレーティング処理を施すことで、暗部やハイライトの細部まで豊かに表現できる。

 インターフェースにも工夫を凝らしている。ボディ背面に、EOSシリーズ初のマルチファクションバーを搭載。撮影設定や画像送りを、スライドやタッチ操作で手軽にできるようにした。視野率100%の369万ドットの有機ELパネルを採用する電子ビューファインダー(EVF)を覗きこんだまま、快適に操作できる。

 このほか、新イメージングシステムの核となるRFレンズも4機種を発表。いずれも大口径とショートバックフォーカスによって高画質・ハイスペック・コンパクトを実現した。新たな操作部として露出補正や絞り数値の設定を任意に割り当てることができる「コントロールリング」を搭載していることも特徴だ。