バッファローは、2017年7月から開始したバッファロー製外付けHDD/ポータブルHDDの故障予測サービス「みまもり合図」に「プレミアムサポート」を追加し、第一弾として8月27日から、HDDの状態に合わせた故障しにくい使い方を通知する「使い方提案機能」の提供を開始した。

故障予測サービス「みまもり合図」

 「みまもり合図」は、PCに接続されている外付けHDDのS.M.A.R.T.情報をクラウドに蓄積し、状態を把握することでHDDの状態判定を通知するサービス。HDDが故障する前に通知を受けられるので、データ消失を未然に回避できる。

 「プレミアムサポート」は、プレミアムサポート対応製品利用者に無償で提供し、新機能の「使い方提案機能」は、クライアントソフト「みまもり合図」Ver.1.40をインストールすると利用できる。
 
故障しにくい使い方を通知する「使い方提案機能」

 「みまもり合図」の対象製品は、USB 3.1/3.0/2.0接続のバッファロー製外付けHDD/ポータブルHDD(AV向け製品を除く)。対応OSは、Windows 10/8.1/7、Mac OS X 10.11以降。付加サービスの「プレミアムサポート」として、引き続き追加機能の提供を予定している。