キヤノンは、家庭用インクジェットプリンター「PIXUS(ピクサス)」シリーズの新製品として、多機能モデル「PIXUS TS8230」「PIXUS TS6230」「PIXUS TS5030S」「PIXUS TS5130S」「PIXUS TS3130S」と、高画質と低ランニングコストを両立したプレミアムシリーズ「PIXUS XK80」の計6機種を9月6日に発売する。価格はいずれもオープン。

PIXUS TS8230

 スマートフォンから簡単に写真の編集やプリントが可能な新アプリ「EasyPhotoPrint Editor」、コミュニケーションアプリ「LINE」と連携した新プリントサービス「PIXUSトークプリント」(一部の機種のみ)に対応。また、「Amazon Alexa」に対応し、Alexa搭載機器に「アレクサ、キヤノンプリンターでぬりえをプリントして」などと話しかけると、ナンバープレースやぬりえなどを印刷したり、インクの残量などプリンター本体の状態を確認したりできる。12月頃には「Googleアシスタント」にも対応し、同様に音声で操作できるようになる。

 Instagramなどで人気のスクエアサイズの「ましかく写真」をはじめ、11月中旬に発売予定の「キヤノン写真用紙・光沢ゴールド 89×89mm」や「貼ってはがせるプリントシール」など、多彩なサイズ・用紙に対応する。さらに、「PIXUS TS8230」と、プレミアムデザインモデルの「PIXUS XK80」は、11月中旬に発売予定の「オリジナルネイルプリントシール」に対応し、新アプリ「ネイルシールプリント」を使って簡単にネイルシールをデザインしてプリントできる。

 6色ハイブリッドインク(染料5色、顔料1色)の「PIXUS TS8230」は、本体上面にグリッドパターンを施した、スクエア形状のキューブデザインを採用。カラーはホワイト、ブラック、レッドの3色。キヤノンオンラインショップでの販売価格は税別3万880円。

 プレミアム6色ハイブリッドインク(染料5色、顔料1色)の「PIXUS XK80」は、スクエア形状の外装全体にシルバーメタリック色を採用し、本体前面にヘアライン加工調の表面処理を施した。置き場所を選ばないコンパクトサイズと高いデザイン性が特徴。キヤノンオンラインショップでの販売価格は税別4万880円。
 
PIXUS XK80

 5色独立インクの「PIXUS TS6230」と「PIXUS TS5030S」、4色ハイブリッドインクの「PIXUS TS5130S」、シンプルモデル「PIXUS TS3130S」のカラーバリエーションはホワイト、ブラックの2色。
 
PIXUS TS6230

 キヤノンオンラインショップでの販売価格は「PIXUS TS6230」が税別2万4880円、「PIXUS TS5030S」は同1万8880円、「PIXUS TS5130S」は1万2880円、「PIXUS TS3130S」は8880円。