コヴィアは6月8日、Android 8.0を搭載したデュアルSIM デュアルスタンバイ(DSDS)対応SIMフリースマートフォン「FLEAZ BEAT(CP-W5)」を、公式オンラインショップ「FLEAZ Direct」とNTTレゾナントが運営するオンラインショップ「gooSimseller」で発売した。個人向けのほか、法人向けチャネルでも取り扱う。

FLEAZ BEAT(フリーズ ビート)

 解像度1280×720の5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、手に持った際に大きすぎない“ちょうどいい”サイズ感を目指した。背面には指紋認証センサを搭載し、触るだけで端末ロックを解除できる。カラーは、ブラックと、gooSimseller限定カラーのインディゴの2色。

 デュアルSIM デュアルスタンバイに対応しており、LTEと3G(W-CDMA)の同時待受が可能。DSDSでSIMカードを2枚装着した状態でもmicroSDカードを利用できるトリプルスロット仕様となっている。
 
カラーは2色で、ブルー系のインディゴはgooSimseller限定カラー

 CPUにはオクタコアのMT6750を採用し、メモリ3GB、32GBのストレージ、800万画素/200万画素のカメラなどを搭載。また、手頃な価格ながらGPSは準天頂衛星(QZSS)「みちびき」にも対応する。バッテリは交換可能な着脱式で、容量は2300mAh。サイズは幅71.8×高さ146.0×奥行き8.9mmで、重さは約161g。OSはAndroid 8.0。

 価格はオープンで、FLEAZ Direct販売価格は税別1万7800円。「gooSimseller」では、SIMカードとのセットで特別価格6800円で販売する。