夏に七分丈のズボンをはいていると「すね毛、意外と濃いですね」と心ない言葉が飛ぶ。花粉のシーズンは、週に1回は同僚にひょこんと飛び出した鼻毛を指摘される。思えば記者は、年中、元気すぎる毛に苦しめられ、その処理に追われている。

 もうこの不毛な時間から逃れたい……そんな思いでかき集めたのが、フィリップスのメンズグルーミング製品だ。試したのは、電気シェーバー、ボディグルーマー、フェイススタイリングキットの3点。毛に悩む世の男性諸氏に代わって、記者が本気で実力を検証した。
 
検証したのはフィリップスの電気シェーバー、ボディグルーマー、フェイススタイリングキットの3点

やさしさだけじゃない 剃れるエリアに死角のない回転式

 まずは、男の身だしなみの基本といえるヒゲ剃りから。今回、チョイスした電気シェーバーは、アクアマリンの爽やかなカラーが印象的な「7000シリーズ(S7310/26)」だ。フィリップスの電気シェーバーの特徴は、ブレード部分が回転式になっていること。初めて見た人だと「どうやって剃るんだ」と疑問に思うかもしれないので、仕組みを説明しておこう。
 
回転式が特徴のフィリップスの電気シェーバー。
「7000シリーズ」には洗浄充電器を付属するモデルもある

 ヘッド部分の3枚の円形ユニットは、中にそれぞれ2枚のブレードが搭載されており、これが電源を入れると回転する。ヘッドは5方向に可動するので、顔の輪郭に沿ってシェーバーを滑らせればよい。すると、ヘッドの中の外側と内側の刃がヒゲを挟んで剃り上げてくれる。
 
ヘッド部分の円形ユニットには、それぞれ2枚のブレードを搭載。ヘッドは5方向に可動する

 クリームを顔に塗り、さっそくシェーバーを顔にあててみた。事前の情報で「力を入れる必要はない」と聞いていたので、なでるくらいの気持ちでやさしくシェーバーを滑らせていく。ヒゲが濃い部分に差しかかると、あまり感触はないが、チリチリとヒゲにあたっている音がする。

 使っていて感心したのは、剃るエリアの死角がないことだ。鼻の下や唇の縁など、直線的なT字カミソリではうまく剃れない。それが回転式だと縁に沿ってうまくなぞることができたのだ。これまで苦労していたエリアが難なく剃れるので、全体にかかる時間も短縮できた。
 
力を入れずに顔の輪郭を滑らせればOK。鼻の下や唇の縁など、
剃りにくい場所は少しシェーバーを立てて、円を描くようになぞればよい

 約3分程度、シェービングして顔を洗い流す。短時間だったが、剃り残しはほとんどない。記者がいつも苦労していた唇の真下もうまく剃ることができている。ヒゲを剃ったあとはしばらく肌に赤みがでてしまう肌質なのだが、本当になでるくらいの強さだったので、ほとんど影響はなかった。
 
シェービング前と後の画像比較

 また、数日間使用してだんだんコツをつかんできたのだが、シェーバーをぐるぐると円を描くように滑らせるとより効率的に全体を剃ることができた。ついケアを忘れがちな首にかかるラインまでワンアクションでカバーできてしまう。剃り心地にも満足したが、記者はこの時間と労力のかからなさが最もポイントが高かった。これなら時間がない朝の身支度で、ヒゲ剃りがおざなりになることは減りそうだ。

[次のページ]長さは2段階で調整可能 あっという間に剃りあがる「BG1022/16」

  • 1
  • 2

次へ