NTTドコモは5月16日、2018年夏モデルのスマートフォン(スマホ)11機種のラインアップを発表した。また、dポイントによるポイント投資サービスとロボアドバイザーによる資産運用サービス「THEO+ docomo」や、AIエージェントサービス「my daiz」の提供を開始する。

ドコモが2018年夏モデル11機種を発表

 新端末のラインアップは、スマホが「Galaxy S9(SC-02K)」「Galaxy S9+(SC-03K)」「arrows Be(F-04K)」「XperiaTM XZ2(SO-03K)」「AQUOS R2(SH-03K)」「XperiaTM XZ2 Compact(SO-05K)」「LG style(L-03K)」「HUAWEI P20 Pro(HW-01K)」「XperiaTM XZ2 Premium(SO-04K)」「TOUGHBOOK(P-01K)」の10機種、タブレット端末が「dtab Compact(d-02K)」の1機種となっている。

 また、dポイントで投資ができる「THEO+ docomo」は、初心者でも投資しやすいよう設計した。5月30日から提供開始するAIエージェントサービス「my daiz」は、パートナー企業と連携して、ユーザーのニーズにあった情報を適切なタイミングで提示する。

 製品発表会で登壇したNTTドコモの吉澤和弘代表取締役社長は、「今回のテーマは、『For ALL』。皆様の想像を超えて感動をお届けする。新端末については、ネットワーク、カメラ、オーディオが進化している」とコメントした。
 
NTTドコモの吉澤和弘代表取締役社長