東京メトロは、従来の丸ノ内線02系に代わる新型車両2000系を導入し、2019年2月から運行を開始する。22年度までに53編成318車両を導入する予定。

201803291114_1.jpg
丸ノ内線新型車両2000系

 車両デザインのコンセプトは、インダストリアルデザイナーの福田哲夫氏・福田一郎氏の監修のもと、社員が丸ノ内線の特徴から導き出した「地上」「活気」「先進的」のキーワードに基づき、それぞれの要素を色・形・機能のデザイン3要素に織り込んで策定した。
 
201803291114_2.jpg
四ツ谷駅付近での走行イメージ

 外観は「グローイング・スカーレット(Glowing Scarlet)」の車体と、丸ノ内線の代名詞である「サインウェーブ」を織り込んだデザインで、開放的な空間を演出する球面形状の天井パネルを採用したほか、車端部の窓には東京メトロ初の丸窓を採用する。

 安全・安定性とあわせ、車内の快適性の向上も図った。1編成6両すべての車両にはフリースペースと、小物が置けるテーブルや荷物掛けを設置。さらに、東京メトロとしては初めて携帯電話など小電力の充電が可能なコンセント2口を設置し、別途、充電用ケーブルを携帯していれば、乗客はスマートフォンなどをさっと充電できる。また、訪日外国人向けに車両内無料の無線LANを設置する。
 
201803291114_3.jpg
内観(左)と車端部の丸窓、テーブル、荷物かけ、コンセント

 このほか、各ドアの上部に乗り換え案内などを提供する17インチワイド液晶の車内表示器を3画面搭載するなど、斬新なデザインと先進性を兼ね備えた次世代車両に仕上げた。