リクルートライフスタイルは、飲食業界初となる飲食店経営の「改善の仕組み」を提供する、お店の経営アシスタント「Airメイト」を2018年春から順次提供する。

201802091523_1.jpg
「Airメイト」のロゴと画面イメージ

 関連するさまざまなビッグデータや集積した経営ナレッジをもとに、AIをはじめとしたテクノロジーを活用して飲食店経営の「改善の仕組み」を提供する業界初のサービス。手間のかかる集計作業や面倒な分析をしなくても、店舗の課題や改善の方法が一目でわかる。
 
201802091523_2.jpg

 主な機能は、店舗ごとの経営状況を一覧表示する「全店舗サマリ」、店舗ごとに経営状況を詳細分析できる「店舗サマリ」、メニューの最適価格提案、新メニュー導入や価格変更前後の結果を振り返る「メニュー分析」など。利用には、同社のPOSレジアプリ「Airレジ」が必要。「Airメイト」単体では利用できない。

 さらに、集客と接客に効く予約台帳アプリ「レストランボード」と、やりとりも作成もラクになるシフト管理サービス「Airシフト」と連携することで、より詳細に経営状況を分析可能になる。価格は未定。