オリンパスは1月25日、リニアPCMレコーダーのカテゴリーとして初めて可逆圧縮フォーマット「FLAC」に対応したハイレゾ対応リニアPCMレコーダー「LS-P4」と、「2マイクノイズキャンセル」を搭載したICレコーダー「Voice-Trek DM-750」を2月9日に発売すると発表した。LS-P4が、Voice-Trek DM-750が。

 LS-P4は、FLACの初搭載に加えて、3マイクシステム「TRESMIC」の搭載によって低音域から高音域まで原音に忠実な広帯域や高音質録音が可能。ヘッドフォンなど周辺機器とのワイヤレス連動を可能にするBluetoothを搭載したほか、リニアPCMレコーダー初の「フェードイン・アウト」など多彩な本体内編集機能も装備している。税別の実勢価格は2万円。
 
201801251215_1.jpg
LS-P4

 Voice-Trek DM-750は、2マイクノイズキャンセルによって騒がしい環境下でもクリアに録音するほか、TRESMICによって商談など大切なシーンを高音質で録音でき、しかも議事録作成を効率化する「声だけ再生」&「文字起こし」モードを搭載している。USB端子を内蔵し、録音データの保存や充電に便利な「PCダイレクト接続」も装備している。税別の実勢価格は1万3000円。
 
201801251215_2.jpg
Voice-Trek DM-750