サンコーは、独自炊飯機構を採用し、普通に炊くだけで白米ごはんの糖質を33%カットできる6合炊き炊飯器「いつものご飯を低糖質に『糖質カット炊飯器』(LCARBRCK)」を2018年1月31日に発売する。販売価格は税込2万9800円。

201712181816_1.jpg
蒸気炊飯式の「糖質カット炊飯器」

 本体にタンクを内蔵し、独自の炊飯機構で糖質をカットする。炊飯時に本体のタンクに糖を含んだ煮汁を排出、次に本体の別のタンクから水を注水し、蒸気で炊き上げる仕組み。一般的な炊飯器で炊いた場合、白米の糖質量は100gあたり36.8gだが、この炊飯器で炊くと、33%減の24.8gとなる。
 
201712181816_2.jpg
内釜と外釜の2つの釜、水をためる本体下部のタンク(右)

 柔らかめから硬めまで、炊き上がりの硬さは5段階で調整可能。玄米も炊飯でき、予約炊飯時はタンクに水が移動する炊きあがりタイマー予約機能や蒸気でふっくらと温め直す温め直し機能、3つの「蒸し料理モード」を備える。