ニコンイメージングジャパンは、2017年12月1日から18年3月31日までの期間限定で、一部の旧製品のカメラ・レンズを対象とした有料メンテナンスサービスを提供する。


2017年7月25日に創業100周年を迎えたニコン

 対象は、指定のニコンF・F2・F3・FM・ニコマートをはじめとしたマニュアルフォーカス(MF)一眼レフカメラと、15mmから200mmまでのマニュアルフォーカスレンズなど。これら旧製品を愛用しているユーザーに対し、末長く愛用してもらうため、これまで一部を除き、修理を断っていた交換部品の払底した製品でも期間中は点検・清掃、修理を受けつける。

 巻き上げ機構など各部の点検・清掃、写真を撮るための機能チェックを行い、できる限り、製品の機能を回復させる。ただし、部品交換は行わない。カメラの外観モルトプレーン確認・交換、レンズのヘリコイド油交換は、全機種対象。各種精度の点検・調整結果はチェックシートに記載してユーザーに渡す。

 申込方法は3通り。全国4か所のサービスセンター窓口への持ち込み、ニコン修理センターへの直接送付に加え、電話によるピックアップサービスにも対応する。預かり期間は通常2~3週間。メンテナンス料金は、製品によって異なる。ピックアップサービスの利用料金は、全国一律1700円。