楽天は、「楽天市場」に出店する飲食店での商品引き換えに利用できるデジタルチケットサービス「楽券(らっけん)」の本格提供を11月30日から開始した。

「楽天市場」から実店舗への送客 O2Oのマーケティング分析にも

 「楽券」は、「楽天市場」出店企業が、実店舗で利用可能なデジタルチケットを発行できるサービス。「楽天市場」のシステムと、ギフティの法人向けギフト販売システム「eGift System」を連携させた。オンラインから実店舗への送客を増やし、オンラインとリアル店舗を連携させたO2O(Online to Offline)のマーケティング活動を支援する。

 主なターゲットとして、レストランやファーストフードチェーンなどの外食店舗を運営する企業を想定しており、当初は「すき家」「ミスタードーナツ」など5企業、来春までに「サーティワン アイスクリーム」「大阪王将」など、あわせて8企業が導入する予定。
 
201712131213_1.jpg
「楽券」の利用イメージ

 ユーザーは、「楽天市場」の「楽券」導入店舗ページで事前にデジタルチケットを購入し、楽天会員ページ内の「楽券マイページ(my楽券)」上に表示される「楽券」画面を実店舗で提示して認証を受け、購入済み商品と引き換える。通常の買い物同様、「楽天スーパーポイント」が貯まり、「楽券」はメールなどで家族や友人などにギフトとして送ることも可能だ。一回券に加え、回数券にも対応。ポイント獲得、現金不要という点で、ユーザーにとってもメリットがある。

企業のブランドサイトも設置可能に

 また楽天データマーケティングは、従来は店舗しか出店できなかった「楽天市場」に、企業がブランドサイトを設置できる広告商品「RMP(Rakuten Marketing Platform)-Brand Gateway」の提供を開始した。
 
201712131213_2.jpg

 ECサイトのメディア化は、世界的な大きな流れ。同様に、国内最大級のインターネット・ショッピングモール「楽天市場」の「集客力」を生かし、企業に広告メディアとして利用してもらう試みだ。第一弾として、マテル・インターナショナルが展開する玩具ブランド「きかんしゃトーマス」と「フィッシャープライス」のブランドサイトがオープン。ほかにも、18年1月以降、合わせて約15ブランドがブランドサイトを開設する予定。