カメラ映像機器工業会(CIPA)は12月12日、2018年3月1日~4日の4日間、パシフィコ横浜と大さん橋ホールで開催するカメラと写真映像の総合展示会「CP+2018」と、横浜市が主導して開催する写真イベント「フォト・ヨコハマ2018」の詳細を発表した。

201712121806_1.jpg
「CP+2018」と「フォト・ヨコハマ2018」の詳細を発表

 日本カメラショーが開催地を横浜に移して2010年にリスタートを切った「CP+」。9回目を迎える今年はテーマを「一緒にはじめよう」に設定。プロカメラマンやコアなカメラファンに加えて、カメラに関心をもつ若い女性やビギナーを積極的に集客していく。

 現時点での出展社・団体数は128社、出展小間数は1123小間で、すでに前回の121社、1116小間を上回る。来場者は前回の6万6665人を超える7万人を目指す。
 
201712121806_2.jpg
「CP+2018」の12月13日時点での申込状況

 CIPAの牛田一雄代表理事会長は「今回は若い女性をターゲットにした企画を多く開催する予定で、メインビジュアルにも友人と一緒にカメラを始めようとする女性を採用した」とコンセプトについて説明。前回は23種だったワールドプレミア(世界初発表製品)については「今年はそれを上回りたい」と意気込みを語った。
 
201712121806_3.jpg
CIPAの牛田一雄代表理事会長

 新規来場者、とりわけ若い女性の誘客は「CP+」にとって長年の課題だ。過去2回のデータによると、新規来場者は全体の3割で、来場した女性のうち新規は約半数にまで増えている。今回は初心者や女性に向けた写真教室やワークショップ、展示をさらに拡大することで、さらなる新規来場者の獲得を狙う。
 
201712121806_4.jpg
過去2回の新規来場者のデータ

 新たな取り組みとしては、写真家の安田菜津紀さんが来場者のジャンプした瞬間を撮影する「Fly high! by 安田菜津紀」などを実施。“撮られる”喜びを通して、カメラの魅力を発信していく。
 
201712121806_5.jpg
「Fly high! by 安田菜津紀」など新規来場者獲得を狙った新しい取り組みも多数実施予定

 「CP+2018」と合わせて概要が発表された「フォト・ヨコハマ2018」は、1月~3月の期間に横浜市内の各所で開催される写真や映像に関するイベントの総称。こちらは今回で7回目となる。林文子横浜市長の代理として会見に出席した柏崎誠副市長は「フォトジェニックな街、横浜を世界に発信していきたい」とコメントした。

 コアイベントには日本写真保存センターが収集・保存している約30万点の写真原版から約100点を選出した写真展「後世に残したい写真」、アジア人女性として初めてハッセルブラッド国際写真賞を受賞した写真家・石内都さんの国内8年振りの大規模個展、ロバート・キャパ氏の発案で創設された国際的な写真家集団マグナム・フォトの特別展示「Smile&Smile」などが予定されている。
 
201712121806_6.jpg
日本の文化を発信する催しから世界の著名な写真家の展示まで幅広い企画を横浜市各所で開催

 イベント期間の1月13日~3月4日で、コアイベント会場を周遊するスタンプラリーも開催。各地で配布されるマップ付きリーフレットに三つ以上のスタンプを集めるとゴール地点で記念グッズが当たるカプセルトイに挑戦できる。