ソフトバンク コマース&サービスは11月15日、SoftBank SELECTIONのオーディオブランド「GLIDiC(グライディック)」の新製品記者会見を開催し、冬モデルとして完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-5000」と、ハイレゾ対応リケーブルイヤホン「SE-9000HR」の2モデルを発表した。12月1日に発売する。

201711151508_1.jpg
「GLIDiC」から完全ワイヤレスイヤホンとハイレゾ対応リケーブルイヤホンを発売

 「Sound Air TW-5000」は「全ての煩わしさからの解放」が開発コンセプトの完全ワイヤレスイヤホン。特徴は人の耳にフィットしやすい「Ultra Multi Fitting(ウルトラマルチフィッティング)」と呼ばれる曲線形状。長時間の使用でも耳にかかる負担を軽減する。連続駆動時間は最長3時間で、手のひらに収まる小型のバッテリーケースはイヤホン本体を約2回分充電可能。ケースから出し入れするだけで電源オン・オフの自動切替を行う。
 
201711151508_2.jpg
左から完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-5000」とハイレゾ対応リケーブルイヤホン「SE-9000HR」

 ハイレゾ対応リケーブルイヤホンの「SE-9000HR」の開発コンセプトは「極み。最良の答え」。ソフトバンクがこれまで培ってきた知見やこだわりを集約した有線イヤホンの最上位モデルという位置づけだ。二つのドライバーを同軸上に配置する独自設計「Phase Matching Coaxial Driver(フェーズマッチングコアキシャルドライバー)」で、奥行きのあるサウンドを実現する。価格はオープンで、SoftBank SELECTION オンラインショップの販売価格は税込で「Sound Air TW-5000」が9864円、「SE-9000HR」が1万9800円。(BCNメディア編成部)