ソニーは、11月1日、エンタテインメントロボット「aibo」を発表した。ソニーストア販売価格は税別で19万8000円で、2018年1月11日に発売する。

201711011240_1.jpg
12年振りに復活したイヌ型ロボットペット「aibo」

 一世を風靡したイヌ型ロボット「AIBO」が約12年振りに復活する。初登場が1999年、生産終了が2006年。2014年にメーカーがサポートを終了したときには、長年、家族の一員としてAIBOを可愛がっていた多くのAIBOオーナーから悲鳴が上がり、話題になった。

 新しいaiboの特徴は四つ。丸みのある愛らしいフォルム、オーナーに能動的に働きかける知的認識力、有機ELを採用した瞳や生命感あふれるモーションを実現する計22軸のアクチュエーターによる表現力、そしてクラウドと連携するソニー独自のAIによる学習能力だ。このほか、aiboとコミュニケーションがとれる専用アプリも用意。今後、IoT連携やパーソナルアシスタントなどにも、システムアップデートで対応していく予定だ。
 
201711011240_2.jpg
愛らしいフォルムに最先端のテクノロジーを搭載

 発売に先立ち、11月1日午後11時1分からソニーオンラインストアで予約受付を開始する。(BCNメディア編成部)