キヤノンは、3色のボディと、別売の9種類のフェイスジャケットを組み合わせ、自分好みの外観スタイルにコーディネートできるミラーレス一眼カメラ「EOS M100」を10月上旬に発売する。

201708311141_3.jpg
EOS M100(EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM装着時)

 「EOS M100」は、2015年10月発売の「EOS M10」の後継機種。バッテリ・メモリカード込みで約302gの薄型・軽量ボディにAPS-Cサイズで有効約2420万画素のCMOSセンサ、最新の映像エンジン「DIGIC 7」を搭載。撮像と位相差AFの両方を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」も搭載し、高速AFと高画質を実現した。ボディカラーはホワイト、ブラック、グレーの3色。
 
201708311141_4.jpg
フェイスジャケットの組み合わせ例(ボディはいずれもホワイト)

 約180°回転でき、自分撮りもしやすい、タッチパネル対応液晶モニタを装備。また、Wi-Fi/NFC/Bluetoothに対応し、スマートフォンなどの携帯端末と連携も可能。Bluetoothで接続していると、カメラの電源をオフにしてカバンに入れたままでも、携帯端末からカメラ内の画像を閲覧できる。

 ラインアップは、ボディ単体、「EOS M100・EF-M15-45 IS STM レンズキット」「EOS M100・ダブルレンズキット」「EOS M100・ダブルズームキット」の4種類。キットレンズのカラーはホワイト、グレーの場合、シルバータイプとなる。

 価格はオープン。直販サイトのキヤノンオンラインショップでの販売価格は、税別で、ボディ単体が5万3500円、EF-M15-45 IS STM レンズキットが6万8500円、ダブルレンズキットが8万2500円、ダブルズームキットが9万1500円。

 EOS M100専用のフェイスジャケット「EH-31FJ」は、キヤノンオンラインショップ限定販売。硬質なポリカードネート製と、柔らかなレザー製の2タイプを用意し、3色のボディカラーと組み合せて27通りのスタイルが楽しめる。

 税別価格は、ポリカードネート製のイエロー、ゴールド、ネイビー、レッド、グリーンが4500円、ボーダーブルー、ボーダーイエローが6000円。レザー製のライトブラウン、ダークブラウン(レザー製)も同じく6000円。