ニコンは、有効4575万画素のFXフォーマット35mmフルサイズCMOSセンサを搭載したデジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」を9月8日に発売する。価格はオープンで、ボディのみの税込の実勢価格は40万円前後の見込み。


D850

 新たに開発した、有効画素数4575万画素という超高画素の裏面照射型CMOSセンサを搭載。ISO 64~25600の常用感度域を実現しており、画像処理エンジン「EXPEED 5」との連携によって高感度でも鮮鋭間を保ちつつ、効果的にノイズを抑制する。ISO 102400相当までの増感、ISO 32相当までの減感もできる。

 光学ローパスフィルターレス仕様で、撮影した写真は、最大A2サイズまで引き延ばしてのプリントや8Kのデジタル広告ディスプレイにも使用可能。連続撮影は、最高で毎秒約7コマ、別売のマルチパワーバッテリパック「MB-D18」を使用した場合は最高で毎秒約9コマ。「D5」と同様の高速・高精度な153点AFシステムを採用し、さまざまなシーンで、より確実に被写体を捉えられる。

 タッチパネル対応のチルト式液晶モニタを装備。また、新たに静止画ライブビュー時に、先幕、後幕ともに電子シャッターを使用するサイレント撮影ができるようになり、レリーズ時の音や機構ブレが発生しないので、静かな場所での撮影や天体、星景などの撮影でカメラの機構ブレを極力排除したい場合に有効だ。

 2014年7月に発売した前機種「D810」に比べ、動画性能を強化。フルフレームでの4K UHD(解像度3840×2160)/30pでの動画撮影に対応し、フルHDでの撮影では新たに4倍、5倍のスローモーション動画の記録にも対応した。さらに、インターバルタイマー撮影機能を利用すれば、8K UHDを超える解像度8256×5504のタイムラプス動画用素材(静止画)を取得できる。

 Wi-FiやBluetooth接続で、カメラとスマートフォン/タブレット端末をスムーズにつなぐアプリ「SnapBridge」に対応する。対応メディアは、XQDカード、SDXC/SDHC/SDカード(UHS-II規格にも対応)。サイズは幅146.0×高さ124.0×奥行き78.5mmで、重さはバッテリ、XQDカード込みで約1005g、本体のみは約915g。