コンエアージャパンは、独自の蒸らし機能で本格的な味わいのコーヒーやお茶が楽しめる「クイジナート」ブランドの「プレミアムコーヒー&ホットドリンクメーカー SS-10J」を発売した。価格はオープンで、税別実勢価格は2万9800円前後。

201701111215_1.jpg
プレミアムコーヒー&ホットドリンクメーカー 

 ペーパーフィルター不要の専用のフィルターカップにコーヒーや茶葉をセットし、ボタンを押すだけで、好みのコーヒーやお茶を簡単に抽出できる。5段階の抽出量と2段階の温度設定が可能で、約10ml 注いだ後に自動で15秒間蒸らし、うまみを抽出する。

 お湯だけ抽出すれば、ココアやスープなども簡単に作れる。専用フィルターカップは、繰り返し使用可能。市販のK-Cupパックにも対応する。着脱式の給水タンクの容量は約2.2L。

 温度設定機能、ホットウォーター機能を省いた「コーヒー&ホットドリンクメーカー SS-6BKJ/SS-6WKJ」も発売した。専用のフィルターカップや蒸らし機能は「SS-10J」と同様だが、抽出量は3段階のみ。水タンク容量は約1.5L。カラーは「SS-6BKJ」がブラック、「SS-6WKJ」がホワイト。価格はオープンで、税別実勢価格は1万9880円前後。
 
201701111215_2.jpg
コーヒー&ホットドリンクメーカー(ブラック、ホワイト)

 また、ヘルシーな水蒸気調理が可能な調理器具「ヘルシークッカー STM-1000J」を、1月にテレビ・雑誌などの通信販売限定で発売した。価格はオープンで、税別実勢価格は3万4800円前後。
 
201701111215_3.jpg
ヘルシークッカー

 調理後、そのまま食卓へ出せる耐熱製ガラスポットを採用し、蓋の上部から出る水蒸気の噴射で、食材をむらなく、すばやく、おいしく調理。食材をトレーに置いてタイマーをセットするだけで、和食、中華、洋食からパーティメニュー、デザートまで、バリエーション豊富な料理が完成する。4つのプログラムモード、保温・再加熱機能を搭載。取扱説明書に加え、別冊レシピブックも付属する。

 クイジナートは、キッチン家電・調理家電のブランド。特に、フードプロセッサーが有名。Cuisinartというネーミングには、料理を芸術(art)の域まで高めたいという願いが込められている。