Appleは10月28日、デザインを一新し、これまでで最も薄くて軽い、新しいMacノート「MacBook Pro」を発表した。従来のファンクションキーに代えて「Touch Bar」を搭載。2008年に初めて発表した「MacBook Air」以降、薄さ、軽さを追求し続け、さらに今回、新しいインターフェースを取り入れた。


「Touch Bar」を搭載した新しい「MacBook Pro」

 「Touch Bar」は、iPhoneと同様の高解像度のマルチタッチディスプレイ。システム設定やメール、カレンダー、GarageBandなど純正アプリからサードパーティ製のアプリまで、多くのアプリケーションを指先で簡単に操作できる。例えばブラウザのSafariの使用時には、「Touch Bar」でタブやお気に入りを表示できる。

 Apple製品のなかで最も明るく、最もカラフルな輝度500ニトのRetinaディスプレイ、iPhone/iPadでも採用している指紋認証機能「Touch ID」、より大きな感圧タッチトラックパッド、2倍のダイナミックレンジを持つスピーカーを搭載。また、インターフェースとして最大4基のThunderbolt 3ポートを備える。OSは、音声操作が可能に「Siri」を組み込んだ最新版のmacOS Sierra。

 「Touch ID」は、「MacBook Pro」の電源ボタンに実装されており、指紋を登録すると、1回タッチするだけでMacをアンロックしたり、ユーザーアカウントを切り替えたり、「Apple Pay」を使ってオンラインショップで安全に買い物をしたりすることができる。

 本体はオールメタルのつなぎ目のないユニボディ構造。厚さ14.9mm、重さ1.37kgの13インチモデルは、前世代に比べ17%薄く、体積も23%小さくなった。厚さ15.5mmの15インチモデルも前世代に比べ14%薄く、体積は20%小さくなり、重さは1.83kgと、13インチモデル同様、ほぼ半ポンド近く軽くなった。カラーはシルバーとスペースグレイの2色。
 

シルバーとスペースグレイの2色で展開

 税別価格は、「Touch Bar」と「Touch ID」を搭載し、2.9GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost時は最大3.3GHz)、8GBのメモリと256GBのフラッシュストレージを搭載した「13インチMacBook Pro」が17万8800円から、2.6 GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost時は最大3.5GHz)、16GBのメモリと256GBのフラッシュストレージを搭載した「15インチMacBook Pro」が23万8800円から。

 「Touch Bar」と「Touch ID」を省いた廉価版の「13インチMacBook Pro」は14万8800円。