ノバルスが乾電池型IoT製品の製品化プロジェクトを「Makuake」で開始

新製品

2015/11/12 17:22

 ノバルスは11月11日、スマートフォンとの連携が可能な乾電池型IoT製品「MaBeee(マビー)」を製品化するためのプロジェクトを、サイバーエージェントクラウドファンディングが提供するクラウドファンディングサービス「Makuake」で開始した。


MaBeee

 本体に乾電池を装着することで、スマートフォンのアプリからシンプルなオン/オフ制御をはじめ、スマートフォンの傾きやマイクに入力した声の大きさ、スマートフォンにかかった加速度などに応じた出力制御に対応する。
 


「MaBeee」の特長


スマートフォンによるさまざまなコントロールに対応

 企業の枠を超えたコミュニティ「ヤミ研(100日ラボ)」の第1弾製品で、あるメーカーのエンジニアによる「自分の子どもと遊ぶプラレールを簡単に制御できる製品を作りたい!」というアイデアから開発がスタート。所属企業の枠を超えて複数の企業からメンバーが集まり、それぞれの専門分野における知見を出し合いながら設計を行い、3Dプリンタを活用した試作などを経て、今回の製品化プロジェクトにたどり着いた。

 プロジェクトの支援者に対しては、通常販売価格よりも安価な「Makuake」限定価格での先行予約を受け付ける。リターンの一例としては、2本パックの早期特別割引が5980円、4本パックの早期特別割引が1万1960円で、どちらも数量限定。

オススメの記事