サンディスクは10月26日、すべてがフラッシュメモリで構成された業務システム向けストレージ「InfiniFlash」を11月中旬から日本で提供 を開始すると発表した。最大512TBの容量で1GBあたり1ドル以下の低コストを実現するのが特徴で、ビッグデータ分析やビデオストリーミングなどでの 活用を狙う。

201605021446_1.jpg
すべてがフラッシュメモリで構成された最大512TBの容量をもつ、
業務システム向けストレージ「InfiniFlash」

 3Uサイズのきょう体に8TBのInfiniFlashカードを最大64枚搭載でき、最大8台のサーバーに接続可能なSASコネクターを備える。すべて のモジュールを冗長化しており、運用しながらInfiniFlashカードはもちろん、ファンや電源ユニットも差し替えることができる。

 製品発表で、サンディスクコーポレーションのシニア・バイスプレジデントでサンディスクの小池淳義 代表取締役社長は「今回発表する製品は破壊的イノベーションを実現した。これまでフラッシュストレージはコストの面でHDDに劣っていたが、これを解決す る、次世代の製品だ」と語った。
 

201605021446_2.jpg
破壊的イノベーションを実現したと語る、サンディスクコーポレーションの
シニア・バイスプレジデントでサンディスクの小池淳義 代表取締役社長

 また、サンディスクコーポレーションのバイスプレジデント兼システム&ソフトウェアソリューション担当 ラヴィ・スワミナサン ゼネラルマネージャーは「もっとも高密度のフラッシュアレーで、スループット最大毎秒9GB。信頼性、可用性、保守性を重視して設計した。高パフォーマン スと大容量を求めるワークロードに適している。さらにフラッシュプラットフォームでありながら1GB単価1ドル以下を実現した」と新製品の特徴を説明し た。
 

201605021446_3.jpg
フラッシュプラットフォームでありながら1GB単価1ドル未満を実現したと語る、
サンディスクコーポレーションのバイスプレジデント兼
システム&ソフトウェアソリューション担当 ラヴィ・スワミナサン ゼネラルマネージャー

 サンディスクの奥村英記 リージョナルセールスディレクター エンタープライズセールスは「日本のストレージ市場は現在2000億円程度。うちオールフラッシュのストレージは50億円程度の規模。これが2020年で は1000億円規模に拡大する」と見通しを述べた。さらに「想像を絶するコストパフォーマンスを実現し、ドライヤー程度の消費電力でフラッシュストレージ を実現した。全国129か所のロジスティクスセンターで最短90分以内の保守部材を供給するなどでバックアップ体制も整えた。すでに大手1社から発注があ り、まもなく導入予定だ」と語った。
 

201605021446_4.jpg
すでに大手1社から発注があり、まもなく導入予定と語る、
サンディスクの奥村英記 リージョナルセールスディレクター エンタープライズセールス