音が欧風のプリメインアンプ、アナログプレーヤーにも対応しオンキヨーから

ニュース

2015/02/20 18:18

 オンキヨーは、エントリーモデルのステレオ・プリメインアンプ「A-9010」を、3月上旬に発売する。税別価格は4万円。

A-9010

 フルサイズ単品コンポの入門機で、レコードプレーヤーを接続できる高性能フォノイコライザー回路を搭載した。イギリスを中心に、ヨーロッパでサウンドチューニングを施し、厚みのある中域と、クリアでエネルギッシュなサウンドを実現した。

 本体は、アルミ押し出し材を使用したヒートシンクや、スピーカーケーブルと確実に接続できる金メッキ仕様のスピーカーターミナル、高性能フォノイコライザーを搭載。入力ソースが無音状態で約20分間、本体を操作しなかった場合は、自動で本体をスタンバイモードに移行する「オートスタンバイ機能」にも対応する。実用最大出力は85W+85W(4Ω)で、インターフェースは、LINE IN×5系統、PHONO×1系統、LINE OUT×1系統、PHONES×1系統。

 カップリングコンデンサーには、オーディオグレードコンデンサーとして定評のあるNichicon製の「Fine Gold」を採用。パーツを一つずつ厳選して基板にレイアウトする信頼性の高いディスクリート構成とした。

 さらに、スピーカー出力手前のリレーを排して、電子式に置き換えることで接点を減らし、出力回路をシンプルにまとめた。さらに低NFB(ネガティブフィードバック)、ハイカレント、ローインピーダンスドライブ設計の採用や、信号経路を短縮化するDIRECT機能を備えるなど、回路設計も工夫した。

オススメの記事