日本マイクロソフトは、6月13日、マイクロソフトブランドのタブレット「Surface RT」の値下げを発表した。6月14日から7月14日まで、一律1万円値下げする。32GBモデルは、4万9800円から3万9800円になる。

Surface RT

Surface RT(ビックカメラ赤坂見附店の売り場)

 記者会見の冒頭、樋口泰行社長は6月7日に発売した「Surface Pro」について「予約の段階で大変好調だった。予約受付から販売まで、『Surface RT』の半分の期間しかなかったのに、倍の予約があった。発売後も大変引きがいい」と手応えを語った。

「Surface Pro」の売れ行きを語る樋口社長

「Surface Pro」の売れ行きを語る樋口社長

 「Surface」シリーズについては、「『気軽に使えるタブレットがほしいが、Officeを使いたい、キーボードを使いたい』というユーザーに最適だ」と話した。

「Surface RT」が3万9800円から手に入る

「Surface RT」が3万9800円から手に入る

 「Surface RT」の値下げについては、「マイクロソフトはタブレット市場に後発で参入したチャレンジャー。どんどん挑戦していく。また、アップルのiPadシリーズが値上がりしたのも一因。iPadシリーズの購入を検討していたユーザーが、値上がりを受けて買い控えることもあるだろう。そのユーザーに、値下げした『Surface RT』を使ってもらいたい」と、アップルに挑戦する姿勢をみせた。

iPad mini/iPad mini Retinaとの比較表を掲載するほどの熱の入れよう

iPad mini/iPad mini Retinaとの比較表を掲載するほどの熱の入れよう

 値下げ前の価格と6月14日からの価格は、「Surface RT 32GB」が4万9800円から3万9800円に、「Surface RT 64GB」が5万7800円から4万7800円に、「Surface RT 32GB + タッチカバー」が5万7800円から4万7800円に、「Surface RT 64GB + タッチカバー」が6万5800円から5万5800円になる。