【台北発】6月4日から8日まで、台湾・台北で開催しているPCとPCパーツの展示会「COMPUTEX Taipei 2013」。台湾を代表するPCメーカーのエイサーが、Windows 8搭載のタブレット端末や変形ノートPCをお披露目した。

エイサーのプレスカンファレンスの様子

エイサーのプレスカンファレンス

Windows陣営から初めて8インチ台のタブレット端末が登場



 これまで7~8インチのタブレット端末といえば、Android搭載モデルやアップルの「iPad mini」で、Windows搭載のそれは10.1インチ以上のモデルが中心だった。

 8.1インチ液晶を搭載する初めてのWindows 8タブレットとして、エイサーが「ICONIA W3」をお披露目した。CPUにAtom Z2760を採用し、32/64GBのストレージを内蔵する。

ICONIA W3

8.1インチの液晶を搭載した「ICONIA W3」

 キーボードはBluetoothキーボードで、上部のスリットにタブレット部を差し込むとノートPCのように使うことができる。タブレット部に比べるとキーボードがひと回り大きいので、キーピッチが大きく、タイプしやすい。

専用のキーボードの上に本体を設置

専用のキーボードの上に本体を設置。キーボードは一回り大きい

 おもしろいのは、Bluetoothキーボードの背面に凹みがあること。ここにタブレット部をはめ込んで、使わないときはタブレットとキーボードを一つにして持ち運ぶことができる。

使わないときはキーボード背面の凹みにタブレットをはめ込むことができる

使わないときはキーボード背面の凹みにタブレットをはめ込むことができる

液晶を自由自在に傾けられる奇抜なデザインのノートPC



 日本ではなかなかお目にかかれないモデルも展示している。例えば「Aspire R7」は、15.6型ワイド液晶を搭載したノートPC。一見すると普通のノートPCなのだが、キーボード部と液晶部をつなぐヒンジがダブル構造になっていて、液晶ディスプレイを180°回転させたビューアースタイルや、上に向けて閉じたタブレットスタイルに変身する。

Aspire R7

普通のノートPCに見える「Aspire R7」

 液晶ディスプレイ側のヒンジの取り付け位置がパネル中央部なので、液晶ディスプレイを前面に押し出したスタイルなど、多彩な使い方ができる。

ディスプレイを前に倒すとタッチ操作がしやすくなる

ディスプレイを前に倒すとタッチ操作がしやすくなる

エイサー製スマートフォンも並ぶ



 日本では販売していないが、世界市場ではスマートフォンを展開しているエイサー。今回、新たに発表したのが、5.7型液晶を搭載した「Liquid S1」だ。

5.7型液晶搭載のスマートフォン

5.7型液晶搭載のスマートフォン

 独自アプリ「Float App」を搭載し、通話しながら他のアプリを利用することができる。エイサーでは、タブレット端末に近いサイズということで「Phablet(ファブレット)」と呼んでいるようだ。

 「Liquid S1」は1280×720ピクセルの5.7型液晶と1.5GHz駆動のクアッドコアプロセッサを搭載する。今後、アジアとヨーロッパ市場で販売する計画だ。