プリンストンテクノロジーは、自宅で使用しているスピーカーやコンポなどをBluetooth対応にするレシーバー「PTM-BTR1」と、BluetoothとNFC(近距離無線通信)に対応する搭載スピーカー「JUICEBOX PSP-BTS2シリーズ」を、2月15日に発売する。

PTM-BTR1

 「PTM-BTR1」は、付属のケーブルで自宅のスピーカーやコンポと接続することで、スマートフォンやタブレット端末などのBluetooth対応機器の音楽がワイヤレスで再生できるミュージックレシーバー。サイズは、幅60×奥行き60×高さ20mmで、重さは約32g。価格はオープンで、実勢価格は2980円前後の見込み。

PSP-BTS2シリーズ

 「PSP-BTS2シリーズ」は、スマートフォンなどとBluetoothで接続してワイヤレスで音楽を聴くことができるスピーカー。NFC(近距離無線通信)に対応し、対応するスマートフォンなどを上部にかざすだけで簡単に接続することができる。スピーカーの最大出力は3W×2。AC電源に加え、乾電池でも稼働する。

 サイズは、幅300×奥行き145×高さ98mmで、重さは約1600g。カラーは、ブラック、レッド、ホワイトの3色。実勢価格は6980円前後の見込み。「PTM-BTR1」「PSP-BTS2シリーズ」ともにマルチペアリング対応で、最大8台までのBluetooth対応機器を登録することができる。