• ホーム
  • ライフスタイル
  • パナソニック、Androidを搭載したタブレットスタイルのコードレス電話機「VS-HSP200S」、Skypeなどに対応

パナソニック、Androidを搭載したタブレットスタイルのコードレス電話機「VS-HSP200S」、Skypeなどに対応

ニュース

2012/12/20 17:43

 パナソニックは、デジタルコードレス電話機として、タブレットスタイルの家庭用電話機「ホームスマートフォン VS-HSP200S」を、2013年2月中旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万3000円前後の見込み。

VS-HSP200S

 コードレス子機を充電する充電台つき親機と、コードレス子機、カラーモニタ子機をセットにした新しいスタイルのデジタルコードレス電話機。充電台つき親機を電話回線に接続することで、好きな場所で子機を使用できる。カラーモニタ子機には、約7型のタッチパネルを採用し、画面上で電話番号を入力して内蔵マイクとスピーカーを使って通話ができる。また、受信したファクスを画面上で確認できる。 

ホームスマートフォンの利用イメージ

 カラーモニタ子機には、Android 2.3を搭載。Wi-Fi環境があれば、SkypeなどのIP電話を用いたビデオ通話ができるほか、ブラウジング、Eメールの送受信など、インターネットを簡単に利用できる。Google Playから好きなアプリをダウンロードすることもできる。このほか、別売のパナソニック製のテレビドアホンと連携することで、来客の映像やセンサカメラ映像を、カラーモニタ子機の画面で確認できる。

 サイズは、充電台つき親機が高さ約48×幅85×奥行き122mmで、重さ約150g。コードレス子機が高さ約175×幅48×奥行き30mmで、重さ約150g。カラーモニタ子機が高さ約132×幅213×奥行き46mmで、重さ約590g。DECT準拠方式を採用し、1.9GHzの周波数帯を使用する。カラーは、ホワイト。

オススメの記事