アップルは、11月2日、アプリ配信ストア「App Store」で販売している人気の音楽制作アプリ「GarageBand」が、これまでのiPadに加え、iPhone/iPod touchにも対応したと発表した。価格は450円。

iOS版「GarageBand」のスクリーンショット(画面はiPhone)とアイコン

 「GarageBand」は、マルチタッチインターフェースと自動演奏機能「Smart Instruments」を組み合わせ、楽器の演奏経験がない人でも簡単に音楽をつくり、録音できる音楽制作アプリ。最大8トラックまで録音・ミキシングして、完成した曲をEメールで送ったり、自分のMacに送ったりしてMac用の「GarageBand」や「Logic Pro」で作業を続けることができる。

 今年、iPad 2とともに、iPad専用の「GarageBand for iPad」としてリリース。最新版の「バージョン 1.1」からは、ユニバーサルアプリケーションとなり、iPhoneやiPod touchでも利用できるようになった。また、「Smart Instruments」でカスタムコードを作成できるなど、新機能を追加した。

 対応機種は、iOS 4.3以降を搭載したiPad 2/iPad、iPhone 4S/4/3GS、第3世代・第4世代iPod touch。従来の「GarageBand for iPad」の利用者は、無償で最新版にアップデートできる。

「GarageBand」のダウンロードページ