エプソンは、9月28日、3LCD方式のホームシアタープロジェクター「dreamio(ドリーミオ)」シリーズの新製品として、同社初の3D対応モデル「EH-TW8000W/EH-TW8000」「EH-TW6000W/EH-TW6000」と、iPhoneドックを搭載した「MG-850HD」の5モデルを、10月27日から順次発売すると発表した。

EH-TW8000W(左)とEH-TW6000W

 「EH-TW8000W/EH-TW8000」「EH-TW6000W/EH-TW6000」は、新開発のパネル駆動技術「Bright 3D Drive」を搭載。230Wの高出力「E-TORLランプ」や480Hz駆動対応の「D9パネル」の採用で、3D映像視聴時の輝度低下の原因である3Dメガネのブラックアウトタイムを短縮してクロストーク(二重像)を抑えた。「EH-TW8000W」「EH-TW6000W」は、「Wireless HD」の標準搭載でワイヤレスの再生を実現。「EH-TW8000W/EH-TW8000」は、「EH-TW4500」の後継モデルで200000:1のコントラスト比を引き継ぎながら輝度を2400ルーメンに向上。「EH-TW6000W/EH-TW6000」は、「EH-TW3600」の後継モデルで、コントラスト比は40000:1、輝度は2200ルーメン。 

「MG-850HD」

 「MG-850HD」は、iPhone/iPod touch/iPadを本体のドックに差すだけで、「iPodアプリ」内の映画やミュージックビデオ、撮影した動画や写真のスライドショーを映し出すことができる。HDMIやUSB端子を備え、ゲーム機や動画プレーヤーに接続が可能。コントラスト比は3000:1で、輝度は2800ルーメン。

 価格は、5モデルともオープンだが、直販の「エプソンダイレクトショップ」での価格が「EH-TW8000W」で32万9980円、「EH-TW8000」で29万9980円、「EH-TW6000W」で22万9980円、「EH-TW6000」で19万9980円、「MG-850HD」で9万9980円の見込みだ。

 発表にあたって、同社は記者会見を開催。セイコーエプソンの久保田孝一業務執行役員映像機器事業部長は、「当社はプロジェクター市場でトップシェアを確保しているが、プロジェクターを使ったホームシアターの需要はまだまだ少ない。幅広い層に訴えていくことが重要」と話した。 

セイコーエプソンの久保田孝一業務執行役員

 エプソン販売の中野修義取締役販売推進本部長は、「大型の薄型テレビが普及しているなかで、プロジェクター市場が縮小傾向をたどっている。改めて需要を喚起する必要がある」とした。 

エプソン販売の中野修義取締役

 プロジェクターでのホームシアターのニーズを活性化するため、同社はトレーラーを改造して移動式シアタートレーラーで全国11か所を回るほか、ショールームやイベントスペースなどで3D映像が体験できる「3Dプロジェクター1万人体験イベント」を実施。今回の5モデルで、発売後1年間で6000台の販売を狙う。

大画面3D映像の楽しさを訴える