ドルビージャパンは、東京・港区の六本木ヒルズの「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」と協力し、映画や音楽などを体験できるエンタテインメント・コミュニティースペース「DOLBY × TSUTAYA TOKYO ROPPONGI Entertainment Space」で展開するイベントの第六弾を、9月16日から10月10日まで実施している。イベントでは、9月23日公開予定の向井理さん初主演映画『僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.』の予告編トレーラーの5.1サラウンドと、イベントスペース用に5.1サラウンドに特別リミックスした主題歌、RAM WIREの『歩み』を視聴することができる。

向井理さん主演の『僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.』予告編を公開

 「DOLBY × TSUTAYA TOKYO ROPPONGI Entertainment Space」には、ソニーのAVアンプ「TA-DA5600ES」、BDレコーダー「BDZ-AX2000」、5.1chシステムとしてフロント/サラウンドに「SS-F6000」、センターに「SS-CN5000」、サブウーファーに「SA-W3000」など、最新のホームシアターシステムを設置している。

最新のホームシアターシステムを実現

 イベントスペースには「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」でレンタルしているヒューマン作品のDVDや、映画の原作となった文庫本『僕たちは世界を変えることができない。But, We wanna build a school in Cambodia.』、映画で向井さんが着用したTシャツを展示。映画割引券も配布している。

「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」でレンタルしているヒューマン作品も展示

 『僕たちは世界を変えることができない。But, We wanna build a school in Cambodia.』は、著者である葉田甲太さんが、医大生だった2005年、カンボジアに小学校を建てるために募金プロジェクトを立ち上げ、活動のなかで恋や友情、社会の問題に直面。自分自身を見つめなおしていく姿を綴っている。08年に自費出版された葉田さんの体験記は、ネットなどで反響を呼び映画化された。ロードショーは9月23日から。