NTTドコモは、ゲームキーパッドを備えたソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のAndroid 2.3搭載スマートフォン「Xperia PLAY SO-01D」を、10月~11月に発売する。発売日は未定で、決まり次第発表する。

Xperia PLAY SO-01D

 「Xperia PLAY」は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が提供するライセンスプログラム「PlayStation Certified」を世界で初めて取得し、「PlayStation Store」から、据え置き型ゲーム機の初代「プレイステーション」などのゲームをダウンロードしてプレイできる。

 「クラッシュ・バンディクー」や「みんなのGOLF 2」など、ゲーム5タイトルをプリインストール。さらに追加で、Androidマーケットや各ゲーム会社の独自サイトから、「Xperia PLAY」用に最適設計されたゲームを入手し、方向ボタンや△○×□ボタン、タッチパッドなどを備えたゲームキーパッドを操作して、スマートフォンで本格的にゲームを楽しめる。

 スマートフォンとしては、約4.0インチのフルワイドVGA液晶、約510万画素のCMOSカメラ(外側)、約30万画素のCMOSカメラ(内側)に加え、ソニー・エリクソン独自の文字入力アシスト機能「POBox Touch 4.3」、ミュージックプレイヤーなどを搭載。FOMAハイスピードエリア内での受信時最大14Mbpsの高速通信、iモードのメールアドレスが使えるスマートフォン向けISP「spモード」、テザリングに対応する。サイズは高さ約120.0×幅約62.0×厚さ約16.4mm、重さは約175g。カラーはBlack。