セールス・オンデマンドは、9月14日、記者会見を開き、米アイロボットのロボット掃除機「ルンバ」の新製品「700シリーズ」を、10月7日に発売すると発表した。価格はオープン。

ルンバ700シリーズ

 会見の冒頭、木幡民夫社長は、「2004年にルンバの取り扱いを開始した当時は、1か月に数台の販売で、1台も売れない日もあった」と振り返り、「今や、ルンバは立派な市民権を築くことができた。本日は第四世代となる新製品を発表する」と挨拶し、「ルンバ700シリーズ」を披露した。

木幡民夫社長

 「700シリーズ」のコンセプトは、「任せられる掃除力」。部屋の形状や広さ、汚れ具合い、家具などの障害物、段差など、さまざまな使用環境に応じて、40以上の行動パターンから最適な動作や速さを選択する高速応答プロセス「iAdapt」を搭載。また、かき込みながら吸引する新機能「エアロバキュ」など、3ステップのクリーニングシステムで強力に集塵する。上位のハイグレードモデル「780」とスタンダードモデル「770」には二つのセンサを搭載し、綿などの微細なホコリの集塵力を高めた。

 中西良成製品企画室室長は、「日本市場では、『部屋が狭いので自分で掃除したほうが早い』『丸いロボットに角が掃除できるのか』など、これまで人々の思い込みがロボット掃除機普及の障壁になっていた。しかし、今回の新製品で、その思い込みを一掃できる」とした。

中西良成製品企画室室長

 ラインアップと実勢価格は、軽く触れるだけで操作できるタッチパネルを搭載し、4種類のメンテナンス用ブラシが付属する「780」が7万9800円前後、スタンダードモデル「770」が6万9800円前後、ゴミセンサが一つのエントリーモデル「760」が6万4800円前後の見込み。本体サイズは、最大幅353×高さ92mm、重さは約3.9kg。

徳丸順一取締役

 徳丸順一取締役は、「共働き世帯の増加や高齢化社会という日本の環境を背景に、ここ数年でルンバの販売台数は大きく伸びている。2010年度は、前年比で237%に拡大した」と実績を説明。04年4月~11年8月の累計では35万台を突破したという。また徳丸取締役は、「国内ロボット型掃除機市場は、08年から約5倍の規模に拡大している。ルンバは、間違いなくこの成長をリードしている」と自信を示した。12年度は25万台の販売を目指す。