ソニーは、携帯オーディオプレーヤー「ウォークマン」Sシリーズとして、「NW-S760シリーズ」、本体と統一したデザインの専用スピーカーが付属する「NW-S760Kシリーズ」、本体カラーにマッチしたBluetoothヘッドホンが付属する「NW-S760BTシリーズ」を、10月8日に発売する。

NW-S760シリーズ

 「ウォークマン」Sシリーズは、320×240ドットの2.0型カラー液晶を搭載し、音楽/ビデオ/写真/FMラジオ/ポッドキャストの再生に対応した携帯オーディオプレーヤー。従来機種「S750/S750Kシリーズ」に引き続き、周囲の騒音を約98.0%カットする「デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載。加えて、高音域をクリアに再生する「DSEE」や、左右の音の混在を抑制し、本来のステレオサウンドを再生する「クリアステレオ」、引き締まった力強い重低音を再生する「クリアベース」などを搭載し、高音質再生を実現した。

 全機種にBluetooth機能を搭載。同時に発表した「ウォークマン ドックスピーカー」などのBluetooth対応機器とワイヤレスで接続し、「ウォークマン」に保存した音楽を手軽に再生できる。「ファイル送受信機能」で、Bluetooth対応スマートフォン・携帯電話で撮影した写真を「ウォークマン」とワイヤレスでやりとりすることもできる。

 このほか、音楽の進行に合わせて歌詞を自動的にスクロール表示する歌詞表示機能「歌詞ピタ」や、再生スピードのコントロール、A-Bリピートなどができる「語学学習機能」などを搭載する。

 容量は、「NW-S760シリーズ」が32GB・16GB・8GB、専用スピーカー付属モデル「NW-S760Kシリーズ」が16GB・8GB、Bluetoothヘッドホン付属モデル「NW-S760BTシリーズ」は8GBのみ。カラーは、「NW-S760シリーズ」と「NW-S760Kシリーズ」は、ブルー、ビビッドピンク、グリーン、ライトピンク、バイオレット、ゴールド、ホワイト、ブラックの8色、「NW-S760BTシリーズ」はビビッドピンク、ブルー、ホワイト、ブラックの4色。本体のサイズは幅約43.6×高さ97.5×奥行き約7.9mm、重さは約57g。 

NW-S760Kシリーズ

 ソニーストア限定モデルとして、「NW-S760シリーズ」「NW-S760Kシリーズ」は、アンティークジュエリーをイメージした上品でやさしい色合いで、本体正面の左下部に色味や大きさの異なるSWAROVSKI ELEMENTSのラインストーンを施した「アンティークローズゴールド」もラインアップする。容量は両シリーズとも8GB。 

NW-S760BTシリーズ

 「NW-S760Kシリーズ」に付属する専用スピーカーは、本体に内蔵する「クリアフェーズスピーカー」機能によって出力を最適化して音質を向上した。総合出力は2W。「NW-S760BTシリーズ」に付属するBluetooth接続のワイヤレスステレオヘッドホンは、本体とペアリング済み。本体起動時に付属ヘッドホンと自動接続するため、簡単にワイヤレスで音楽を楽しめる。

 価格はすべてオープン。実勢価格は、「NW-S760シリーズ」で容量32GBの「NW-S766」が2万円前後、16GBの「NW-S765」が1万7000円前後、8GBの「NW-S764」が1万4000円前後、「NW-S760Kシリーズ」で16GBの「NW-S765K」が2万円前後、8GBの「NW-S764K」が1万7000円前後、「NW-S760BTシリーズ」の「NW-S764BT」は2万円前後の見込み。