シャープは、70V型の3D対応液晶テレビ「AQUOS クアトロン 3D LC-70X5」を9月25日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は80万円前後の見込み。

LC-70X5

 家庭用液晶テレビとしては業界最大サイズで、売れ筋の32V型の4倍以上の大きさとなるフルHDの70V型の液晶パネル(横153.9×縦86.6cm)を採用。色表現力を高める「4原色技術」に加え、新たに輝きの表現力と高コントラストを実現した「メガブライトネス技術」を搭載し、迫力のあるハイビジョン映像を実現した。 

AQUOS最高峰モデルにふさわしい高画質・高音質機能を搭載する

 映像と音が一体化する8スピーカーシステム「ARSS」や低振動ウーハー「Duo Bass」を搭載し、「大画面」と「高画質・高音質」を実現。THX社のホームシアター用ディスプレイ規格「THX 3D 認証ディスプレイ規格」を取得している。推奨視聴距離は約2.6mで、6畳の部屋でも大画面の映像を楽しめる。

 録画機能やネットワーク機能も充実している。地上デジタルチューナー3基とBS・110度CSデジタルチューナー各2基を搭載し、市販のUSB外付けHDDへの録画に対応しているので、地デジを2番組同時に録画しながら別の地デジの番組を見ることができる。長時間録画やおまかせオートチャプター、ダビングにも対応する。

 このほか、スマートフォン「AQUOS PHONE」やブルーレイディスク(BD)レコーダー「AQUOSブルーレイ」などの対応機器とワイヤレスでして映像を視聴できる「スマートファミリンク」機能、新ネットサービス「AQUOS City」に対応する。また、3Dコンテンツの視聴用に、高級眼鏡フレームメーカーと協業し、従来に比べ約40%軽量化した新設計の3Dメガネが付属する。