ASUSTeK Computer(ASUS)は、迫力ある重低音を体感できる専用サブウーファーが付属したエンタテインメント向けノートPC「N55SF」2機種を9月下旬に発売する。

N55SF本体(左)と付属の専用サブウーファー(右)

 15.6型ワイド液晶ディスプレイ、クアッドコアの第2世代インテル Core i7-2630QM、高性能グラフィック機能をもつNVIDIA GeForce GT 555M、8GBのメインメモリなどを搭載したノートPC本体に、デンマークの高級オーディオメーカー、Bang & Olufsen(バング & オルフセン)ICEPowerと共同開発したオーディオシステム「ASUS SonicMaster」と、迫力の重低音を再生する60mmバススピーカーを内蔵した専用サブウーファーが付属。原音をリアルに再現し、臨場感溢れるサウンドを楽しめる。電源オンからわずか数秒で高速起動する「ASUS Music Now!」を搭載しており、HDDやCD、メモリカードなどに保存した音楽をすばやく再生できる。

専用サブウーファーを付属した状態

 電源オフのときでも、スマートフォンや携帯オーディオプレーヤーなどをUSB経由で充電できる「USB Charger+」機能を搭載。100万画素のウェブカメラ、USB3.0/USB2.0ポート、HDMI出力端子など、充実したインターフェースをもつ。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット 正規版(SP1)。サイズは幅379.0×奥行き260.0×高さ37.5mm(最大部)で、重さは約2.7kg。カラーはブラック。

 グランドピアノのようなブラックボディに光沢のあるシルバーのフレームをあしらったノートPC本体のデザインは、Bang & Olufsenのプロダクトデザイナー、デビッド・ルイス氏とASUSが共同で開発した。パームレスト、キーボードなど、使い勝手も細部までこだわっている。

 価格は、1980×1080のフルHD液晶のブルーレイディスクドライブ搭載モデル「N55SF-S2630B」が12万9800円、HD液晶のDVDスーパーマルチドライブ搭載モデル「N55SF-SX2630」が9万9800円。