パナソニックは、3D対応の地上/BS/110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ「3Dビエラ」の新機種として、「ビエラ最高画質」をうたう「VT3シリーズ」の65V型「TH-P65VT3」と、「プレミアム3D」をうたう「GT3シリーズ」の55V型「TH-P55GT3」を、それぞれ9月9日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「TH-P65VT3」が63万円前後、「TH-P55GT3」が35万円前後の見込み。

TH-P65VT3(左)とTH-P55GT3

 「TH-P65VT3」は、ネイティブコントラスト500万対1、明所コントラストも従来製品の約1.4倍となる65V型の3D対応「フル・ブラックパネルII」を採用。予備放電なしで発光するパネルによって、「黒」が冴えた高い質感の映像を映し出す。また、短残光の高密度蛍光体や新発光制御によって、残像感のないクリアな3D映像を実現している。

 プラズマテレビのフラッグシップとして、SDカードやUSB接続の外付けHDDへの番組録画機能、2D映像を擬似的に3Dに変換して表示する3D変換機能など、多彩な機能を搭載。テレビでSkypeやYouTube、アクトビラなどが楽しめる「テレビでネット」に対応する。サイズは幅157.2×高さ99.4×奥行き40.0cmで、重さは約63.0kg(スタンド含む)。

 「TH-P55GT3」は、ネイティブコントラスト500万対1の55V型の3D対応「ブラックパネルII」を搭載。「TH-P65VT3」同様、予備放電なしで発光するパネルによって、落ち着いた照度空間や明るい視聴環境でも、締まった「黒」で質感の高い映像を実現。短残光蛍光体や新発光制御などの技術で二重像を低減し、クリアな3D映像を実現している。

 SDカードやUSB接続の外付けHDDへの番組録画機能、2D映像の3D変換機能を搭載。「テレビでネット」に対応する。サイズは幅132.4×高さ84.9×奥行き38.7cm、重さは約39.0kg(スタンド含む)。