富士フイルムは、広角24mmからの光学15倍ズームと超解像技術を組み合わせた「超解像ズーム」と、最適な撮影条件をカメラが自動判別する「プレミアムEXR AUTO」を搭載したコンパクトデジタルカメラ「FinePix F600EXR」を発売する。カラーはブラック、シャンパンゴールド、レッド、ホワイトの4色で、ブラックとシャンパンゴールドは8月27日、レッドとホワイトは9月10日に発売。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

FinePix F600EXR

 35mmフィルム換算で24~360mmの光学15倍ズームレンズを搭載。輝度の変化に合わせて最適な画像処理を行う新開発の「超解像技術」と組み合わせることで、30倍ズーム時まで高い解像感を実現する「超解像ズーム」を搭載する。

 1600万画素の裏面照射型「EXR CMOSセンサー」は、シーンに合わせて高感度・低ノイズ優先/ダイナミックレンジ優先/高解像度優先の三つの撮像方式を切り替えて撮影するEXR技術を採用。シーン認識や人物の有無、逆光の判断、被写体の動きなどを検出し、最適な撮像方式に自動で切り替える「プレミアEXR AUTO」で、撮影条件に合わせて99パターンの撮影ができる。

 また、高感度で4枚の画像を連写し、画像処理で重ね合わせることでブレを補正する「インテリジェントブレ防止」モードを搭載。夜景やズーム撮影などでも、手持ちで撮影できる。

 位置情報を記録するGPSを搭載。「ARランドマークモード」では、カメラを向けた方向にある周辺のランドマークの情報を画面上に表示し、現在地からの方角や距離を簡単に確認することができる。

 対応メディアはSD/SDHC/SDXCメモリカードで、内蔵メモリは約33MB。サイズは幅103.5×高さ62.5×奥行き32.6mmで、重さは約220g。