パナソニックは、ブルーレイディスク(BD)レコーダー「DIGA」で録画した番組をSDカードで持ち出し、無線LAN接続でiPhone/iPod touchで再生できるポケットサーバー「DY-PS10」を、直販サイト「PanaSenseパナセンス」限定で9月15日に発売する。価格は1万4800円。

DY-PS10

 最大64GBのSDXCカードに対応するカードスロットを搭載。64GBのSDXCカードで、最大で88時間分の番組をVGA画質で持ち出すことができる。

 対応する「DIGA」は、2011年秋モデルのDMR-BRT210/BWT510/BZT710/BZT810/BZT815/BZT910/BZT9000、2011年春モデルのDMR-BRT300/BWT500/BZT600/BZT700/BZT701/BZT800/BZT900とBD/HDD内蔵CATVデジタルセットトップボックスTZ-BDT910M/F/P、2010年秋モデルのDMR-BW690/BW695/BW890/BWT1100/BWT2100/BWT3100、2010年春モデルのDMR-BW680/BW780/BW880/BWT1000/BWT2000/BWT3000。

 IEEE802.11b/g準拠の無線LANに対応し、iPhone/iPod touchと無線LANで接続して、録画番組をワイヤレスで再生できる。対応OSはiOS 4.3。また、「DIGA」やPCの外部ストレージとしても活用できる。

 サイズは幅66.8×高さ13.0×奥行き117.0mm、重さは約82g。「PanaSenseパナセンス」では、8月31日まで、CLUB Panasonic会員限定で新商品モニター販売を実施している。