リコーは、東日本大震災の被災地復興支援の一環として、地方自治体と連携し、地震や津波によって被災した写真やアルバムを洗浄し、デジタル化して写真原本とともに被災者に渡す「セーブ・ザ・メモリープロジェクト」を、8月8日に立ち上げた。

「セーブ・ザ・メモリープロジェクト」のウェブサイト

 「セーブ・ザ・メモリープロジェクト」は、地方自治体やNPO、ボランティア団体、企業などが被災地で回収・洗浄した写真を複合機でデジタルデータ化し、同社が運営するオンラインストレージサービス「クオンプ」に保管。写真原本とデータを自治体を通して元の持ち主に届ける活動。

 プロジェクトは、宮城県南三陸町と岩手県陸前高田市で活動をスタートし、他の地域でも展開していく。地方自治体が管理する写真引き渡し所では、富士通が提供するPCで写真検索ができる。

 リコーグループは、8月9日~9月10日の5週間にわたり、輪番制夏休みなどを利用して、グループ社員95名が陸前高田市でボランティア活動に参加する。これらの活動では、写真などの回収品の分類・整理を行うなど、「セーブ・ザ・メモリープロジェクト」と連携する。