日本マイクロソフトは、8月2日、ワイヤレスマウスの新製品として、Windows 7専用のマルチタッチ操作対応「Microsoft TOUCH MOUSE」と、WindowsとMac対応の「Microsoft Explorer Touch mouse」を、9月2日に発売すると発表した。

Microsoft TOUCH MOUSE

 ともに、青色LEDによる独自のトラッキング技術「BlueTrack Technology」を採用した2.4GHzワイヤレスマウス。光沢のある素材や木材、大理石など、あらゆる場所で使える。エルゴノミクス(人間工学)を応用したデザインで、長時間使用しても疲れにくい。

 Windows 7専用の「Microsoft TOUCH MOUSE」は、ポインティングや左右クリックに加え、マウス表面のタッチ操作に対応。指を上下左右に滑らせてスクロールしたり、2本の指を上下に滑らせることでウィンドウの最大化/最小化したりなどの操作ができる。さらに、3本の指を滑らせると、開いているすべてのウィンドウを一覧表示する。本体サイズは、縦120×横62×高さ37mmで、重さ約133g。価格は7980円。

 記者発表会で、森洋孝Windows本部エグゼクティブプロダクトマネージャは、「日頃のPCの操作を簡単に、そして時間や手順を少なくしたいという要望が高まっているなかで、ウィンドウの操作やファイル、ウィンドウ、アプリケーションなどへのすばやいアクセスを実現する」と、開発の背景と特徴を説明した。

Microsoft Explorer Touch mouse

 WindowsとMacに対応する「Microsoft Explorer Touch mouse」は、クリック操作に加え、マウス上部のストリップの上で指を滑らせることで、縦方向や横方向にスクロールができる。本体サイズは、縦109×横61×高さ34mm、重さ約115g。カラーは、ブラック、ストームグレー、サングリアレッドの3色。ビックカメラとヨドバシカメラでは、これにテラコッタを加えた4色で展開する。価格は4935円。

 五十嵐章執行役コンシューマー&パートナーグループリテールビジネス統括本部長は、「店頭のマウスコーナーには何百種類もの製品が並んでいるなかで、Windows 7と連動した操作性を訴求するのは難しい。PC売り場でタッチ&トライができるようにする」と、販売拡大に向けた取り組みを語るとともに、「今後は、PC業界やユーザーが、あっと言わせる驚きをもった便利な入力デバイスをどんどん製品化していく」と意気込みを示した。さらに、デザインに力を入れた製品展開も強化し、近々、海外で販売している有名デザイナーによる製品の国内販売を計画している。