パナソニックは、軽くてかけやすい3Dグラス「EW3D3シリーズ」を9月9日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万円前後の見込み。

EW3D3シリーズ

 3Dアクティブシャッター方式技術の共通規格(Ver.1)に対応し、同社の3Dテレビだけでなく、対応する他社の3Dテレビでも使用できる。

 グラスレンズを薄型化し、フレーム、テンプル部に至るまで軽さにこだわった新構造で、従来製品から約3割の軽量化に成功。S/M/Lの3サイズのうち、SとMは世界最軽量となる約26gを実現した。両目の幅やテンプル部の大きさを調整し、フレキシブルノーズパッドで自分の顔の形に合わせることができる。テンプル部には、軽くて柔らかなかけ心地の軽量ナイロン樹脂を採用した。

 スイッチはフレームの上部に配置し、LED表示ランプの点灯パターンで動作を確認できる。「2Dモード」機能で、3Dグラスを装着したままで2D映像を楽しめる。

 バッテリは本体に内蔵。付属の充電ケーブルでUSB端子から充電でき、2分の急速充電で約3時間、30分の充電で約25時間以上連続使用できる。3Dビエラとの接続が外れたら、約5分で自動的に電源をオフにする節電機能を備える。

 従来製品と比較して、明るさが約10%向上。顔にフィットするように工夫することで、下や横から入り込む光を低減した。

 サイズと重量は、「TY-EW3D3SW」(S)が幅160.5×高さ42.2×奥行き167.6mm、約26g。「TY-EW3D3MW」(M)が幅167.7×高さ42.2×奥行き170.7mm、約26g。「TY-EW3D3LW」(L)が幅170.6×高さ42.2×奥行き170.7mm、約27g。