三洋電機は、7月28日、白物家電事業を中国家電大手、ハイアールに譲渡することで基本合意に達したと発表した。9月末までにハイアールとの最終契約に合意・締結する予定。これによって三洋電機は、パナソニックグループ内での事業重複を解消する。

 具体的には、家庭用・業務用洗濯機を製造・販売する三洋アクア、家庭用洗濯機を製造する湖南電機、家庭用冷蔵庫を設計・開発するハイアール三洋エレクトリック、家庭用冷蔵庫を製造するハイアール・エレクトリック・タイランドの株式のうち、三洋電機の保有分をハイアールグループに譲渡する。

 また、ベトナムの三洋HAアセアン、三洋インドネシア、三洋インドネシア販売、三洋フィリピン、マレーシアの三洋セールス・アンド・サービスをハイアールグループに譲渡する。

 一方、ハイアールは、日本市場で現在展開している「Haier」ブランド製品に加え、今後は三洋電機の洗濯機ブランド「AQUA」を展開する。そのほか、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシアでは、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンなどの家庭用電化製品に一定期間「SANYO」ブランドを使用する。