Ustreamは、7月27日、ライブ動画配信サービスUstreamのiPhone向けアプリ「Ustream」をアップデートし、従来のiPhoneに加え、iPadにも対応させた。アップルが運営する「App Store」から無料でダウンロードできる。

アプリ「Ustream」のホーム画面のイメージ(右)と番組視聴画面のイメージ(左)。番組を視聴しながらTwitterやFacebookへコメントすることもできる

 アップデートによって、iPadでも、Ustreamの番組をiPadに最適化されたユーザーインターフェースで楽しめるようになった。さらに、カメラを内蔵したiPad 2では、iPhone同様、ライブ動画の配信を行うことができる。

 そのほか、チャット機能を強化し、チャットとソーシャルストリームを切り替えられるようにしたほか、アップルのApple TVを利用してテレビの大画面でUstream番組を視聴できる「Air Play機能」、アプリの不具合を報告する「サポートセンター機能」を追加した。対応機種は、iOS4.1以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touch。

このアプリをダウンロード