家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」の最新の週次データにもとづき、話題の新製品の順位などのトピックスをお届けする。今回は、「携帯電話」と「デジタル一眼カメラ」をピックアップ。携帯電話では、7月第1週以降、3週連続で、NTTドコモのスマートフォン「Xperia acro」「GALAXY S II」がワンツーフィニッシュを飾っている。

・6月第3週の記事(携帯電話&タブレット)
・6月第4週の記事(携帯電話&スマートフォン用ケース)

ドコモの「Xperia acro」と「GALAXY S II」が人気を二分



 2011年7月第3週(7月18日~24日)の携帯電話の週間ランキングでは、7月9日発売のNTTドコモのAndroid搭載スマートフォン「Xperia acro SO-02C」が3週連続の1位を獲得した。発売直後に一気に大量に売れる「初動型」の機種が多いなか、「Xperia acro SO-02C」は、この3週間、販売台数はほとんど変わらず、高い水準を維持。シェアも、発売日を含む7月第1週(7月4日~10日)の14.7%から7月第2週(7月11日~17日)は16.0%へアップし、7月第3週も14.9%と、唯一二、ケタのシェアを獲得し、2位以下を引き離している。

NTTドコモの「Xperia acro SO-02C」

 2位は、同じくNTTドコモのAndroid搭載スマートフォン「GALAXY S II SC-02C」だった。「Xperia acro SO-02C」に1位の座を奪われて以降、2位に甘んじてはいるが、発売日1日間の販売台数や、発売からこれまでの累計販売台数は「Xperia acro SO-02C」を上回っており、ドコモの2011年夏モデルのなかで、「Xperia acro」と人気を二分しているといっていいだろう。

 前週(7月第2週)は、この2機種に続き、7月15日発売の耐衝撃・防水・防塵のタフネススマートフォン「G'zOne IS11CA」がシェア5.1%で3位に入ったが、今週はシェア1.7%で13位に急落した。auの「INFOBAR A01」は、前週と同じ5位をキープ。「iPhone 4」の16GBモデルは6位から4位へ、同32GBモデルは10位から8位へ、auの「XPERIA acro IS11S」は11位から10位へ、それぞれ順位を上げた。

auの「G'zOne IS11CA」


 以前よりだいぶ改善したとはいえ、店舗や機種、カラーによっては、「予約受付中・入荷時期未定」となっており、いざ買おうと思っても、入手するまで待たされることもある。順位は、こうした在庫状況に左右される面も大きく、3位以下は、週ごとに順位が入れ替わる混戦模様になりそうだ。

携帯電話 販売台数シェアトップ10<全キャリア合算>
(集計期間2011年7月18日~7月24日 )
順位 キャリア メーカー 品名 型番 タイプ 販売台数
シェア(%)
1 NTTドコモ ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ Xperia acro SO-02C スマートフォン 14.9
2 NTTドコモ SAMSUNG(サムスン電子) GALAXY S II SC-02C スマートフォン 8.7
3 NTTドコモ NECカシオモバイルコミュニケーションズ MEDIAS WP N-06C スマートフォン 4.7
4 SoftBank アップル iPhone 4 16GB iPhone 4 16GB スマートフォン 4.3
5 au シャープ INFOBAR A01 SHX11 スマートフォン 4.0
6 au 東芝 H11T H11T 携帯電話 3.4
7 NTTドコモ パナソニック モバイルコミュニケーションズ P-07B P-07B 携帯電話 2.9
8 SoftBank アップル iPhone 4 32GB iPhone 4 32GB スマートフォン 2.5
9 NTTドコモ シャープ AQUOS PHONE SH-12C スマートフォン 2.24
10 au ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ XPERIA acro IS11S IS11S スマートフォン 2.20
「BCNランキング」2011年7月第3週 週次<最大パネル>

 KDDI(au)は、7月27日、OSに「Windows Phone 7.5(コードネーム:Mango)」を搭載したスマートフォン「Windows Phone IS12T」を、今年9月以降に発売すると発表した。今後、スマートフォンは、アップルの「iOS」、複数のメーカーの多くの機種が採用するGoogleの「Android」、そして日本では未発売だったマイクロソフトの「Windows Phone」の三つのOSが競うことになる。国内でのWindows Phone端末の発売が確定したことで、Androidに傾きつつあった状況が一転する可能性も出てきた。 

→7月第4週の記事(携帯電話&データ端末・データカード)


オリンパスのミラーレス一眼「OLYMPUS PEN E-P3」が2位に初登場



 続いて、デジタル一眼カメラ(レンズ交換式デジタルカメラ)を紹介しよう。7月第3週のシリーズ別1位はニコンのデジタル一眼レフカメラ「D3100」が獲得。続いて、2位には、7月22日発売のオリンパスのミラーレス一眼「OLYMPUS PEN E-P3」が入った。また、7月8日発売のパナソニックのミラーレス一眼「LUMIX DMC-GF3」も前週12位から8位に順位を上げ、初めてトップ10入りを果たした。

オリンパスのミラーレス一眼「OLYMPUS PEN E-P3」
(M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6II R装着時)

 カラーバリエーションやレンズキットなどの違いを合算したシリーズ別ではなく、それらを別々にカウントした機種別集計では、「OLYMPUS PEN E-P3」のツインレンズキットのシルバーが6位、レンズキットのシルバーが9位にランクイン。好調なスタートを切ったといえるだろう。(BCN・嵯峨野 芙美)


デジタル一眼カメラ シリーズ別(※) 販売台数シェアトップ10
(集計期間2011年7月18日~7月24日 )
順位 メーカー 型番・シリーズ名 画素数
(万画素)
対応マウント 販売台数
シェア(%)
1 ニコン D3100 1420 ニコンF 11.2
2 オリンパス OLYMPUS PEN E-P3 1230 マイクロフォーサーズ 10.5
3 キヤノン EOS Kiss X5 1800 キヤノンEF 7.2
4 パナソニック LUMIX DMC-GF2 1210 マイクロフォーサーズ 6.9
5 ニコン D5100 1620 ニコンF 5.8
6 キヤノン EOS Kiss X4 1800 キヤノンEF 5.5
7 オリンパス OLYMPUS PEN Lite E-PL2 1230 マイクロフォーサーズ 5.0
8 パナソニック LUMIX DMC-GF3 1210 マイクロフォーサーズ 4.9
9 ニコン D7000 1620 ニコンF 4.6
10 オリンパス OLYMPUS PEN Lite E-PL1s 1230 マイクロフォーサーズ 4.5
※カラーバリエーションや付属レンズの違いなどを合算して集計
「BCNランキング」2011年7月第3週 週次<最大パネル>


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。

*当サイトで公開している「週間ランキング」は、「BCNランキング」に基づき、週1回、毎週火曜日の午後に最新データ(前週月曜日~日曜日の1週間の週次データ)に更新しています。更新時期やスケジュールなど、詳細はこちらでご確認ください。